1. TOP
  2. 製品紹介
  3. 生産技術部門
  4. 消失模型鋳造用垂直面真円運動三次元振動テーブル(TCVシリーズ)

製品紹介

消失模型鋳造用垂直面真円運動三次元振動テーブル(TCVシリーズ)

生産技術部門

特長

toyo_01

水平孔/アゴ部への充填

鋳枠(フラスコ)サイズに応じて、必要最小限の垂直面真円運動による最適振動を操作盤から設定できます。これにより効率良く乾燥砂/自硬性砂を移送し、水平孔/アゴ部への充填を行えます。

造型作業の高効率化

手作業による充填作業を自動化することで、造型作業の省力化と生産性アップが可能になります。また、不良率の低減にも効果が期待できます。

発泡模型の変形抑制

垂直面真円運動による振動移送理論を応用し、微振動を加える造型方式を新採用。さらにメーカーが特許を有する振動ユニットを装着し過大振動を抑制。これにより発泡模型の変形を抑えます。

不良率の大幅低減

TCVによる「完全な砂充填」が、焼きつきやさし込み、瘤、湯周り不良などの発生を抑えこみ、大幅な不良率低減を達成します。

機械仕様

型式 TCV-1000 TCV-2000 TCV-4000
最大積載能力 1000kg 2000kg 4000kg
フラスコサイズ 800×800×800mm 1100×1100×1000mm 1100×1400×1000mm
最大振動加速度 Y-Z 1.2G
X 1.0G
最大振幅 Y-Z 0.32mm
X 0.32mm
クランプ方式 電磁マグネット or スイング
タイマー 標準(外部タイマー)
電源設備容量 18KVA 25KVA 40KVA
機械重量 2.0TON 3.5TON 3.5TON

振動ユニット仕様

振動ユニット仕様

本機型式 TCV-1000 TCV-2000 TCV-4000
ユニット型式 T-220D1型 T-370D1型 T-550D1型
主モータ出力 3.7kw 5.5kw 11kw
加振力 遠隔可変式
振幅制御 標準(10段階)
インバータ制御 標準(0~3500rpm) 標準(0~3300rpm)

水平振動(X)用

本機型式 TCV-1000 TCV-2000 TCV-4000
ユニット型式 V-150B1型 V-220B1型 V-370B1型
主モータ出力 1.5kw×2台 2.2kw×2台 3.7kw×2台
加振力 遠隔可変式
振幅制御 標準(10段階)
インバータ制御 標準(0~3500rpm)

外形図

toyo_02

  A B C D E F
TCV-1000 1880 1000 1000 1200 1328 1100
TCV-2000 2380 1192 1250 1450 1756 1330
TCV-3000 2933 1270 1670 2020 2352 1500

株式会社東洋機械製作所製

トップページに戻る方はクリック