GREETING代表挨拶

代表取締役社長 九十九 利明(つくも としあき)

代表取締役社長
九十九 利明

お客様の製品を支える
縁の下の力持ちでありたい

1933年に創業したツチヨシは、香川県小豆島において鋳型(いがた)に適した「真土」(まね)の採掘と販売からはじまり、今日まで鋳造関連の製品の研究・開発に携わってきました。

創業から貫く「お客様第一主義」

代表取締役社長 九十九 利明(つくも としあき)

鋳造とは高温で溶かした金属を鋳型に流し込み、冷やし固めて製品を作る方法です。

当社の鋳型や資材は、お客様の製品が完成したときには消えてなくなるため、一般消費者が見ることはありません。しかし私たちの暮らしを見渡せば、様々なところに鋳造で作られた製品が使われていることに気がつくでしょう。

たとえば、自動車のエンジンやコンバインなどの農機具、クレーンやブルドーザーなどの産業機械、船舶のプロペラ、繊維機械の部品などが挙げられます。近年はロケット用の部品のようなわずかなずれも許されない精密な製品の需要も高まっています。
時代とともに進化するお客様のニーズに応えるべく、私たちもより精密で高品質な製品を作り上げるよう日々努力してきました。

社員の幸せと家庭への感謝を大切に

代表取締役社長 九十九 利明(つくも としあき)

「お客様第一主義」と、もう一つ当社の大切にしている言葉があります。
それは「家庭の平和と幸福を」という言葉です。

創業者 九十九 芳信は戦後の貧しい時代、何より家族がご飯を食べられるように、平和に暮らせるようにしたいと強い思いを抱いていました。

家庭のあり方は変わってきましたが、社員には支えてくれる家族に感謝することを忘れないように伝えています。創業からの「家庭の平和と幸福を」の思いは、国際目標SDGs(Sustainable Development Goals)への参加へとつながっています。

世界に求められる鋳造技術を目指します

代表取締役社長 九十九 利明(つくも としあき)

鋳造業界も他の製造業と同様に、生産拠点が一時海外へと流出していました。
しかし今、再び日本に需要が戻りつつあります。それは世界の様々な分野において、日本にしかできない、より難しい高付加価値な鋳造技術が求められているからです。

私たちは将来に向けてさらに技術を磨き、お客様に求められる企業であり続けられるよう邁進していきます。