HISTORY事業沿革

1933年 03月 高松にて創業、小豆郡長浜にて鋳物用山砂の採集を始む
1945年 04月 株式組織をとり土芳産業株式会社となる
1947年 03月 戦災後の整理等必要のため解散、個人経営とす
1950年 03月 株式会社土芳産業商会として再出発
1957年 04月 広島営業所開設
1960年 04月 大阪営業所開設
1962年 08月 山口工場を開設し綾羅木地区に硅砂処理工場を建設
1962年 10月 焼型用硅砂処理工場(高松市生島町)を建設
1966年 08月 松江出張所開設
1966年 11月 江津工場開設
1968年 04月 九州営業所・名古屋出張所開設
1968年 11月 九十九ビル(大阪)完成
1970年 01月 岡山出張所開設
1971年 02月 東京出張所開設
1972年 12月 豊橋工場開設
1973年 04月 生島硅砂乾燥工場完成
1974年 10月 株式会社生島サンドを設立し生島工場を分離独立
1975年 03月 株式会社ツチヨシ、株式会社広島ツチヨシ、株式会社大阪ツチヨシを設立
1975年 03月 北九州新門司流通センター完成
1979年 10月 新門司流通センターに(株)ツチヨシ九州営業所下関工場を新築集約
1979年 12月 (株)広島ツチヨシ江津工場内に流動焙焼方式による古砂回収装置を設置
1980年 01月 (株)土芳産業本社及び、(株)ツチヨシ本社営業所を高松市朝日新町に新築集約
1981年 02月 (株)大阪ツチヨシ東京営業所新社屋完成
1983年 10月 熊本出張所開設
1984年 05月 岡山営業所新社屋完成
1985年 01月 松江営業所・名古屋営業所新社屋完成
1986年 08月 (株)土芳産業商会キトサン研究所(江津市敬川町)を開設
1987年 08月 生島サンドを生島町より香西本町へ移転
生産能力2千t/月に増産及び合理化
1988年 02月 (株)ツチヨシ、(株)広島ツチヨシ、(株)大阪ツチヨシ対等合併し、新(株)ツチヨシとなり(株)土芳産業商会より仕入部門を譲り受ける
(株)土芳産業商会は、ツチヨシグループの金融及び不動産部門を担当
1989年 02月 株式会社生島サンドを吸収合併し、製販一貫体制を取る
1995年 02月 土芳産業商会は、株式会社ツチヨシを吸収合併
同月商号変更により、株式会社ツチヨシとなる
2001年 02月 3社に分社
株式会社ツチヨシ アクティ
株式会社ツチヨシ・マテック
株式会社ツチヨシ産業
2004年 12月 大内工場敷地内に本社新社屋完成
2005年 01月 新社屋へ本社、セラミックス事業所移転、業務開始
2014年 03月 鈴鹿出張所開設