SDGs DECLARATIONSDGsへの取り組み

ツチヨシ アクティは2018年からSDGs(持続可能な開発目標 Sustainable Development Goals)に取り組んでいます。
SDGsとは、2015年に国連サミットで採択された「持続可能な開発のために国際社会が2030年までに取り組むべき17の目標」です。貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるように普遍的な行動を呼びかけています。

持続可能な開発のために国際社会が2030年までに取り組むべき17の目標

ツチヨシ アクティは4つの領域でSDGsの目標を掲げています。

  1. 国際社会への貢献
  2. 働きやすい環境づくり
  3. 地球にやさしい行動
  4. 安全な飲水をつくる

当社の利益だけでなく、地域でリーダーシップを取り、地域に貢献できるように、まずは自分たちのできることから取り組みます。また鋳物業界に携わる企業として世界に貢献していくことも当社の使命です。
そのためには業界内のパートナーシップや次世代を担う従業員の教育、福利厚生、働き方改⾰が⽋かせません。
創始者の「家庭の平和と幸福を」という企業理念の大切さを改めてここに見直し、グローバル企業として、その役割を果たしていきたいと考えています。

国際社会への貢献

1 貧困をなくそう 2 飢餓をゼロに 3 すべての人に健康と福祉を 6 安全な水とトイレを世界中に

国際的な社会貢献活動を推進しています。国連難民高等弁務官事務所を通じて世界の難民への支援や、国境なき医師団への寄付を行っています。

国際連合難民高等弁務官事務所感謝状 国境なき医師団感謝状
レイラちゃん レイラちゃん手紙

働きやすい環境づくり

3 すべての人に健康と福祉を 4 質の高い教育をみんなに 8 働きがいも経済成長も

従業員の健康増進を目指し、フィットネスクラブなどの利用支援をしています。
従業員のプライベートや家庭の充実のために有給休暇の取得を推進しています。また完全週休二日制やノー残業を目指しています。
従業員への各種研修や資格支援を積極的に行い、次世代を担う人材を育成します。

  • 働きやすい環境づくり
  • 働きやすい環境づくり
  • 働きやすい環境づくり

地球にやさしい行動

7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに 12 作る責任つかう責任

すべての社用車を電気自動車(EV)に移行していきます。
オフィスと工場のすべての照明のLED化を目指します。
原料のリサイク率を高め、ゼロエミッション(*1)に挑戦します。

(*1)ゼロエミッション
リサイクルを徹底することにより、最終的に廃棄物をゼロにしようとする考え方。異業種の連携により、ある産業では廃棄物となるものを別の産業で原料として使い、廃棄物を社会全体で利用しつくそうとするもの。

安全な飲水をつくる

6 安全な水とトイレを世界中に

当社が扱う「ろ過砂」が浄水場での水の浄化に使われています。
これからも高品質な「ろ過砂」を提供していきます。

  • 安全な水をつくる
  • 安全な水をつくる
Japan. committed to SDGs

ツチヨシ アクティのSDGsに対する取り組みは、外務省ホームページ【取組事例】の【企業】で紹介されています。